ミューチュアルファンド:ボラティリティ、スキームからの償還はミューチュアルファンドのNFO提案に打撃を与える


ニューデリー:によって提出された新しいファンドオファー(NFO)の提案の数 投資信託 市場規制当局のある住宅 私自身 2020年の最初の9か月で、主に高いボラティリティ、市場の不確実性、確立されたスキームからの償還により、64%下落して41になりました。 一部の専門家は、 NFO インド証券取引委員会(Sebi)による投資信託の分類と合理化。

比較すると、そのような提案は2019年1月から9月の114であり、Sebiで入手可能なデータが示しています。

ファンドハウスは2020年1月に11のNFOでセビに接近しました。その数は2月に6に減少し、さらに3月に1に、4月にゼロに減少しました。 5月と6月にそれぞれ6回、7月に8回、8月に1回、9月に2回でした。

「セビとのNFOは、市場の落ち込みにより暦年の第1四半期に落ち込み、投資信託業界のフローのマイナス傾向により暦年の第2四半期と第3四半期に落ち込んだ」と共同ファンドのDivamSharmaは述べた。グリーンポートフォリオの創設者。

Nikhil Kamath、共同創設者兼CIO TrueBeaconおよび ゼロダ、COVID-19時代の多くの産業とビジネスモデルの存続と継続性には不確実性があるようだと述べた。

「この間、それは消費者需要の危機であり、流動性の危機ではありません。市場の高いボラティリティと不確実性により、ファンドハウスはNFOを回避または遅延させました」と彼は付け加えました。

さらに、確立されたスキームは償還を見ています、 投資家 給与削減に直面しています。 これらは、ファンドハウスが新商品を避けることを選んだ理由のいくつかです。

2017年10月のSebiによる投資信託の分類と合理化の発表に従い、ファンドハウスがカテゴリー全体の既存のサービスのギャップを埋めようとしたため、2018年と2019年にNFOが上昇しました、と投資ソリューションの責任者であるゴータム・カリアは述べています、BNPパリバによるSharekhan。

この再分類活動は現在ほぼ完了しており、これが2020年の新規発売が減少する理由の1つであると彼は付け加えました。

同様に、TrustPlutus Wealth Managers(India)のCEO兼MDであるSameer Kaul氏は、Sebiの再分類により、同じカテゴリーのファンドの重複が減ったと述べ、一部のNFOも封鎖により延期されたと付け加えました。

2020年1月から9月の間に、41のNFOのドラフト文書がSebiに提出されました。 これらのうち、いくつかのスキームは、規制当局の認可を取得した後、すでに開始されています。

Sebiに提出されたこれらのNFOリクエストのうち、これらのオファリングの大部分はパッシブファンドです。

投資家はより安全な資産を望んでいます。 したがって、アクティブファンドよりもパッシブファンドとインデックスファンドが増加している、とカマト氏は語った。

FYERSの調査責任者であるGopalKavalireddi氏は、Kamathの見解を反映して、注目を集めているスキームはインデックスファンドと上場投資信託(ETF)に属していると述べました。

「近年、投資信託が投資家の期待を下回るリターンを提供しているため、投資家は株式市場の安値を利用しながらコストを下げるためにETFを選択した」とカバリレッディ氏は述べた。

パッシブファンドは、運用資産を最小限に抑える必要がないため、徐々に勢いを増しています(AUM)および投資家数。

さらに、ETFや環境社会ガバナンス(ESG)などのテーマは投資信託会社を魅了しました。 その上、多くの投資信託会社はインデックスファンドの申請をしました。

UTI MF、Aditya Birla Sunlife MF、Axis MF、PGIM India MF、HSBC MF、Edelweiss MF、Motilal Ostwal MF、Mahindra MFは、レビュー対象期間中にNFOのオファードキュメントでSebiにアプローチしたファンドハウスの1つです。

今後、Divam Sharmaは、マルチキャップファンドNFOに対する投資家の関心が、資本市場ウォッチドッグによる新しい配分ルールの後に低下したため、延期されると述べました。





Source link

世界最高峰のトレードシグナルの特別オファー

Special offer on the world’s best signal and educational services!

Check out the information below to see what you can recieve.

I earned 24,000 pips for the year.

Our goal is 20-30,000 PIPS per year.

We are still keeping 1000-2000 PIPS per month in 2020.

You can be the best trader.

Special offer coupon from REALTRADE.NEWS

We are offering a coupon for 30% off the listed price.

コード:LHFX30

You can contact me via WHATSAPP through this code.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Japanese Japanese English English